アンナ・カヴァン『氷』1967

41yXbQ+zAYL._SX230_ Neige-de-Anna-Kavan0720612683-02-lzzzzzzz

現在では入手困難な『氷』

はじめ、本作はマニア垂涎もののサンリオSF文庫に収録され、

その後絶版となっていたのですが、バジリコという出版社より復刊。

ただし、この版もすでに絶版。

プレミアがついているため高額になります。

 

アンナ・カヴァンは知る人ぞ知る作家。

幾つかの非常に質の高い、独特な作品を残していますが、

就中、死の一年前に書かれた『氷』は幻想文学の極北と名高い。

SFというカテゴライズもされますが、

カフカの文学、例えば『審判』などと通底するものがあり、

私は幻想文学だと思います。

確かに、いわゆるSF文 学の条件でもある、

「可能性」や「蓋然性」が問題となってはいますが、

それは本題ではない。

 

前半はどちらかというと淡々と、

それに対し後半は勢いをもって進む。

前半は暗かったイメージが、

後半は次第に氷と雪に世界が侵食されるため、

白い暗闇に染まっていく。

黒よりも全き白のほうがよっぽど怖い。

氷と雪。

凍てついた世界。

その中を、名前のない男女が不可能な逃避行を試みる。

時には反目し合いながら、

それでも不思議な引力にお互い引き寄せられ、

どこかへ向かえばいいかもわからず。

 

温かい部屋、という表現が最後は頻発する。

その世界の悲しいこと。

いまはもう閉ざされた車の中で、

外に出ることも出来ず、

氷に四方を囲まれ、

静謐に滅ぶ世界。

 

名前がないぶん、

少女の人物描写にはこだわりをもっている。

アルビノの少女。銀髪で、透き通る様に白い身体。

 

想像以上に刺激的で面白い作品でした。

仏訳はneige、すなわち雪。

本当はice

ご覧の通り、iceの紹介を、

ノーベル賞作家のレッシングが書いているのも興味深い。

曰く、There is nothing else like it.

 

確かに、こんなécritureは他に類を見ない。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中